医療に関する総合ソーシャルコミュニティサイト

  • TOP
  • 書籍
  • 歯科衛生士におすすめの本

歯科衛生士におすすめの本

本

歯科衛生士を目指してます。おすすめの本を教えてください

歯科衛生士を目指して勉強中です。
まだ試験までは時間がありますが、歯科衛生士になるためお勧めの本が知りたいです。
参考書やテキストなどは次々に購入して頑張っていますが、これはおすすめだったというものがあれば、どなたか教えてください。

歯科衛生士になりたいと思ったのは自分自身が虫歯に悩んでいたわけではなく、将来的な安定を求めたからです。
デンタルクリニックがとても増えているし、いつになっても職場を失う事はないかな?と思いました。
でも歯の痛みに悩んでいる患者さんに対し、どのように接すれば治療を怖がらずに受けてくれるのか、なんていうことを最近考えるようになりました。
そういった部分で患者さんの気持ちを知るための書籍や小さな子供の治療をする際には、どうすれば良いのかなどが分かる書籍を読んでみたいと思っています。

まずは歯を大事にすることの意味を教えてくれる本が良い

使用方法やその他の知識に関しては資格を取るための中でたくさん勉強することになると思います。
だから、それよりもなぜ歯を大切にしなければいけないのかということが知れる本がお勧めだと思います。
歯を大切にしなかった場合どうなるのか、歯は体にとってどんな存在なのかということがわかれば、多くの人々が歯を
大事にしますよね。
>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1089865640

現在でも歯が痛くなったら歯医者に行けば良いと思っているだけで、日頃から歯を大切にするということを意識していない人もたくさんいます。
そういった患者さんに歯の大切さをしっかり教えてあげることができるように、本を読んで勉強しましょう。
子供の歯は特に、親御さんが生え変わるからという感覚で特に気にしてない事も多々あります。
そんな時でもしっかりと重要性を教えてあげることができるように、本を読んでおくことをお勧めします。

問題集や過去問が良いですね

歯科衛生士の試験はこれまで何度も行なわれていますが、問題集や過去問などをどんどん解いていくと良いですよ。
問題を解いていく中で技術とか知識なんかもしっかり身につくし、試験にも一発で合格できる可能性が高くなると思います。
やっぱりその時によって試験内容は大きく変わってくるし、予想していた部分と私が事が出てしまうと、その場で混乱してしまうことがあります。

問題の出し方も時々意地悪な問題なんかがあるから、問題集で徹底的にマスターしておくと良いと思います。
資格さえ取れば、あなたの言うようにその後の就職先などは比較的見つかりやすいので、とにかく過去問題を次々にといて試験問題に慣れておくべきでしょう。

コミュニーケーション関係が役立ちます

歯科衛生士の仕事は、先生と話をするだけじゃなく患者さんといろんなコミュニケーションをとります。
なので今のうちからコミュニケーション関係の本を読んでおくと良いですよ。
色々とコミュニケーションをとっていく中で、男性の方女性の方、お子さんなど相手は様々なのでコミュニケーションの基本から応用テクニックなどを身につけておくとその場で困ることがありません。

案外偏屈な患者さんとかもいるし、子供が治療を怖がって泣いてしまった時にも優しく接して、治療を受ける気持ちになってくれるにはどうすればよいのかを知りましょう。
このようなコミュニケーション能力を身につけていれば、イメージも良くなり患者さんからのクレームなんかも減っていくと思います。
あとはやっぱり同じ職場で働いている仲間とのコミュニケーションも取りやすくなるし、毎日楽しく仕事ができるようになると思います。
この部分が苦手な人は仕事をしていても毎日ストレスに感じてしまうことがあるので、あまり細かいことを気にせずいろんな人とざっくばらんに付き合えるようなテクニックを身につけておくのは案外大切なことです。

Updated: —